槍を持った少年うしおと妖怪とらが主役の物語

1990年から1996年まで『週刊少年サンデー』に連載されていた妖怪バトルアクション少年漫画です。
あらゆる妖怪を打ち滅ぼす獣の槍を手に入れた少年と、槍によって封印されていた金色の大妖怪「とら」が、反発しながらも息の合ったコンビを組み、人に仇なす数々の妖怪と戦いと出逢いの軌跡を描いた物語です。
少年マンガの王道を守りながらも高いストーリー性から、未だに数多くの根強いファンを持つ作品として知られています。
魅力的な登場キャラクターや、人情味や哀愁に溢れたエピソードに加え、大きく広げた伏線をうまく回収してラストに向けて高まっていく盛り上がりに熱中した読者も多いハズ。

1992~1993年にOVAが全10話でリリース。当時は連載期間中であったこともあり初期の巻のストーリーに留まっていたが、連載終了の19年後、最終決戦までの全エピソードをTVアニメ化されました。